きらきらひかる   

ツォルキンというマヤの暦というのがあるそうです。
マヤとはあのマヤ文明のマヤ。
マヤの人たちにはそれぞれ役割(性格的な)があって生まれた日によって決まっていたそうな。
占いというのはいいこともあるけど悪いこともある。
けど、マヤの占いには悪いことは存在してなくて、いいことしか書いてない。
それが自分の持った役割ということらしい。私も人から聞いたのでうまく説明できませんが。
ポピュラー(?)な占いでは『あなたはリーダー格だ』とか『話すのが苦手なタイプだ』とか
占い師さんに言われて、あぁ、当たってるなぁとかそうでもないけどとか思うもんですが
マヤの占いでは当たってる当たってないではなくて、占いからみえること(=自分の役割)と
今の自分が合ってると輝いているというふうにみるんだそうです。
神から授かった『自分』を出していればこそ生き生きしてピカピカなのだと。

ちなみに、私は表が『黄色い星』潜在的な部分も『黄色い星』
美を追求するらしい(笑)しかも自然の美観ではなく、人工の美観。
人工にもかかわらず、自然の美に匹敵するものを、私の感性は求めるんだそうな。
そうなのか???あ、もしかアート全般??(ポジティブ)

あと、あまり先を見ずに今を大事にするんだそうです。
確かに私の好きな言葉は『今を生きる』よくいえば。
まぁ宵越しの金はもたねぇ江戸っ子的な考えなしの性格ともいえますが。
さて、きらきらひかってるんでしょうか。
詳しいところをもっと教えてもらったんだけど忘れてしまいました。
c0073574_12454899.jpg
ちなみに、相性バツグンなのは『青い猿』の人です。
さて、誰?
[PR]

by grafico2005 | 2005-11-15 12:45 | photo

<< かなしいときー 異次元空間バール >>