『頑張る』ということ   

頑張る:あることをなしとげようと、困難に耐えて努力する。 ~国語辞典より~

『頑張る』の意味、知ってましたか?
一見ポジティブそうだけど意外とネガティブなんですね。

『頑張る』ってなんだろう。

精神的に弱くなっている人に「頑張れ」という言葉をかけるのがタブーだということは
よくいわれています。
『やらなきゃいけない』っていうある種の強迫観念、プレッシャーがその人を襲うのでしょう。
それで、さらに気持ちが沈んでしまう。

「あの人は夢に向かって頑張ってるねぇ。」
なんてことない言葉だけど、私はこれを聞くとあたかもその人が受身でやってるように
聞こえるんです。
考えすぎですけどね。
確かに私も試験勉強は『頑張り』ました。
でも、やらなきゃいけないことだから、っていう気持ちが強かったと思います。
楽しく勉強した記憶はあんまりありません。(色彩検定ぐらい)

でも、本当に夢に向かって、何かをやってる人は自分が頑張ってるなんて
思ってないはずです。やりたいから、楽しいから。その気持ち一心で取り組んでいるはず。
「私今頑張ってるわ~」とは思ってないはず。
もし思ってたとしたら心のどこかでやらなきゃいけない、っていう気持ちが
あるのではないかなぁと思います。

とかいいながら、私も何気なしに「じゃあ頑張ってな~」とか「テスト頑張ろ」とか言ってます。
でも、やっぱり自分を振り返ったときに、『頑張る』という言葉を使う時は
たいてい義務でやらないといけない時(試験勉強とかそういうの)に口に出している気がします。

ほんとは、何も頑張らなくてもいいと思う。
頑張らずに全てのことができたら、それはとても素晴らしいことだ。
[PR]

by grafico2005 | 2005-06-28 18:21 | 日々のあわ

<< 旅立ちの朝 暑い… >>