心に響く写真   

昼休みに富士フォトサロンに立木義浩さんの里山の肖像を見に行ってきました。
今日までだったので、ぎりぎりセーフです。
『まだ時間あるし、だいじょぶだろう。』草間彌生展の時もそうでしたが、私の悪い癖です。
ある程度期間があるといつか行けると思って先延ばしにする。
そしたらぎりぎりになってしまったり、逃してしまったり。ダメですね。
夏休みの宿題は早めに終わらせられる子だったのになぁ。

そんな話は置いときまして、植物とか、風景の写真かなぁと思いながら行ってみたら
人物の写真もたくさんあってびっくりしました。
見ているうちに自然に顔がほころんでしまっていました。
私が特に好きだったのは、おばあちゃんがお兄さんとだんなさんの遺影を持って
笑ってる写真と、夫婦で大根抜いてる写真でした。
見たときになんだか涙してしまいました。
そんな数行ってないですが、写真展で目がうるんでしまったのは初めてでした。
何回も見たけど、やっぱり見るたびに涙出そうでした。

うちに帰りたくなりました。
[PR]

by grafico2005 | 2005-04-27 14:05 | photo

<< ジャムおじさんち カメラストラップを考える。 >>